意外と簡単!?ウェブライターとして働こう!

最近、webライターのお仕事の需要が高まっているってご存知ですか?ウェブライターのお仕事は、時間や場所に縛られず、自由に働くことができるのが最大の魅力です。
さて、今日はそんなウェブライターのお仕事について紹介しちゃいます!

どんな流れでお仕事をするの?

ウェブライターは多くの場合インターネットサイトに求人があります。
そして、そこに登録し、案件を受注し、記事を書き、納品し、報酬を受け取るという流れになります。
そして、その記事はブログやメールマガジンに使われることが多いです。

どんな内容の記事を書くの?

ウェブライターが書く記事のジャンルは実に様々です。
グルメ、漫画、アニメ、映画、ライフスタイル等の日常的に接するものから、政治、法律、金融、科学などの専門的な記事まで実に様々です。
誰でも書きやすいのは前者の記事ですね。


どのくらい稼げるの?

簡単な記事の場合は、1文字あたり0.4円から0.5円程度です。
専門的な内容の記事になると、1文字あたり2円や3円ということもあるようです。
では、実際にどのくらい稼げるのかというと、それはウェブライターのタイピングのスピードによって大幅に変わってきます。
しかし、タイピングで打てるのが1時間に3000文字程度であったとしても、時給にすると1200円から1500円になります。
いかがでしょう?時給にすると、そこらへんのアルバイトより高時給になるのがおわかりいただけでしょうか?そして、ウェブライターのお仕事は在宅でできますし、1日の好きな時間に働くことができます。
金銭面においても、ウェブライターのお仕事は非常に魅力的なんです。

気を付けなければならないポイントは??

ウェブライターとして働くうえで最も気を付けるべきは、コピペです。
これだけは絶対にやってはいけません。
他のウェブページや書籍の文章を丸写しにするのは絶対に許されません。
情報収集にはウェブページや書籍を使っても良いですが、記事は自分の言葉で書きましょう。
また、納期を守ることも大切です。
納期を守ることができないウェブライターは記事の発注者から信用されません。
つまり、お仕事が回ってこなくなるわけです。

さあ、あなたもウェブライターにチャレンジだ!

さて、ウェブライターのお仕事がどんなものか、わかっていただけたでしょうか?自分でもできそうだと思いましたか?そんなあなたは、是非ともインターネットで「ライター募集」と検索してみてくださいね。