コピーライター、その華やかな仕事と年収!!

みなさんはコピーライターと聞くとどんな印象を思い浮かべますか?お洒落なキャッチコピーで高年収!というイメージでしょうか?それとも、センスが必要な世界だから私には無縁だって思ってます?今回は、よく耳にはするけど、実はよく知らいないコピーライターというお仕事と、その年収について書きます。

そもそもコピーライターってどんなお仕事?

コピーライターと聞くと、キャッチコピーを書く職業だと思う方も多いと思いますが、コピーライターのお仕事は大きく分けて3つあります。
1つ目は、キャッチコピーのコピーライター。
2つ目は、セールスコピーライター。
3つ目は、コンテンツコピーライターです。
どんな文章を書くのかによる区別なのですが、すべてのコピーライターに共通するのは、何かを紹介するため、何かを売るための文章を書くということです。
そうです、コピーライターのお仕事は、消費者に商品の価値を正しく伝え、商品を売るためのお手伝いをするものなのです。


気になる年収は!?

コピーライターの働き方は大きく2つあります。
1つは会社に所属して働くコピーライターで、もう1つはフリーランスのコピーライターです。
前者は安定した収入が望め、後者は不安定だけど収入は青天井といっところでしょうか。
まず、会社所属のコピーライターの年収は、会社の規模によって様々ではあるのですが、よほどの大手を除くと、大体500〜600万円のようです。
初任給としては、月収にして20〜30万円のようです。
これに対して、フリーランスのコピーライターはというと、それこそ本当にピンキリのようです。
なんと年収にして1億円以上を稼ぐコピーライターもいます。
恐ろしい世界ですね…

夢があるコピーライターのお仕事!

このように、コピーライターのお仕事には確かに夢があります。
しかし、センスだけでやっていけるほど甘いお仕事ではありませんよ?現在どんなに稼いでいるコピーライターさんも下積み時代がり、そこで経験を積んだからこそ今があるのです。
そして、自分の書いた文章が消費者の心に届くなんてロマンチックですよね?文章を書くのが好きなあなたは、是非ともライター募集のサイトを通してコピーライターというお仕事も考えてみましょう。